忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2019/06/27 00:15 |
2018年まとめ

どうもお世話になっております。
土佐岡マキと申します。

普段はミステリ・ファンタジー・現代あたりのジャンルを
ちょっとずつかじっている物書きです。
腹黒い登場人物があれやこれやする系の話が多めです。

同人活動は3年目。関西圏のイベントを中心に参加しています。
Text-Revolutions は東京まで行って直接参加しています。


今年もあと30分で終わるということで、ようやく総括記事を書き始めました。
このギリギリに始めて遅刻投稿するあたりが私らしさです。
だめなやつのにおいがする。

それなりに長いのでご注意を。
下の方で頒布数の話もあります。



【書いたもの 】
文字数はエクセルにまとめていたものを貼り付けます。


 

今年は仕事の内容が変わったので、あまり書けないかと思っていたのですが、まあ及第点かなあと。
一昨年(10万字)や去年(14万字)に比べたら減ったけれども、平日がハードすぎて休日ぐったりしているせいですね多分。
4月、7月、12月、(たぶん3月も)忙しすぎて、何もできないです。
晩ご飯食べずに寝ちゃうもん。そりゃあ無理だ。




【出した本、提出作品について】
(読んだ人にしか通じない話もあるかもしれませんがお構いなしです。ネタバレはおそらくない)


●夜とかんざし(1月文学フリマ京都 新刊)
web版(https://kakuyomu.jp/works/1177354054884820145

手段を選ばず結婚に漕ぎつけたものの、うまくいった理由が分からん、という話。

以前書いた話に続きを足して一冊にしました。
ベースになった「はかりごと」は、2016年のテキレボ4のアンソロジーに提出した作品です。

男女が恋愛だけじゃなくちょっと駆け引きめいたやりとりをする距離感が好きなので、結構お気に入りです。明も千歳もしたたかで、同類だから惹かれる部分もあると思うんですよね。
夫婦よりは相棒枠ぐらいの気持ちで書き始めたのですが、結果的に糖分過多です。なぜだ。
「かくしごと」に砂糖をぶち込みすぎましたかね。
あとは関西弁が難しかったです。似非ですよ。

 


●泡沫の墓標(テキレボ7 Webアンソロ「海」提出作品)
テキレボアンソロ(https://text-revolutions.com/event/archives/7924

孤島で相続についての話し合いに同席することになった探偵たちの話。

去年出した本「50:50」から探偵たちを連れてきての短編。販促用。
ミステリっぽい雰囲気は出せてたような気がします。孤島に探偵だからね。

伏線まわりにも破綻はないはずですが、法律関係でつっこまれてしんどかった思い出。
よく分からんものには、よく分からん状態のままで手を出してはいけないという教訓を得た。


●あなたと見上げる星空は(7月テキレボ7 新刊)
何故だか生えた横長本。
横長本を推すヤギさんがTLでちらちらと目に入ったからかもしれない。

普段と違う形状にするということで、中身は300字SSの詰め合わせ。
短編・掌編集は全体を通してテーマがあるほうが好みなので、夜空や星を題材にしました。
可愛い話もしっとりした話も、それなりにバランスよく入ったのではないかと思います。



●かみさまの森(7月テキレボ7 新刊)
都会から来た少年が、とある村の『神隠し』に近づく話

じわじわと関連の短編・掌編を書き溜めて、密かに本にしたいなあと目論んでいました。
『神隠し』という言葉自体が魅力的なので、夏の山のひやりとした雰囲気が漂う話にしたかったのです。
村の子どもである聖と綾のやり取りが楽しかったです。幼馴染男女すき。
あと、村の子に雑にからかわれる都会の少年みたいなのも書きたかった。

たいていの物語では、主人公は何かと出会って成長なり変化なりするもんだと思うんですが、今作の拓海はぶれなさそうだったので、ああいう感じになりました。
聖にしても綾にしても、変わらずにいるのは意志がなければ難しいことです。

ひょっとして方言男子が性癖なのでは疑惑が浮上。



●灰色のレイニー(駆け引きアンソロジー「ステルメイト」提出作品)
告知サイト(http://indigo.mints.ne.jp/stalemate/

絵画泥棒と元贋作師が自分の生き方を賭けて勝負する話

ありがたくもお声かけいただいて、駆け引きアンソロジーに参加させていただきました。
非恋愛・未恋愛の男女の駆け引きということで、いつも通り好き勝手やりました。

よく考えるとこれも幼馴染男女もの。
ハルは雨を、雨はハルを昔からよく知っていて、お互いにそこにつけこむ腹の探り合いでした。
駆け引きを書くとき、やられっぱなしにはしないのがマイルールなので、勝負の結果にこだわりすぎず、あっさりとした結末に。
絵のことにしても、家族のことにしても、雨は結構ハルに対してコンプレックスがあるんじゃないかなあと思いました。痛めつけたい、困らせたい、みたいな屈折がある気がする。
この二人はまだ不安定で決着がついていないので、過去と未来も含めて続きを書くと思います。



●或る魔人の話(11月文フリ東京 新刊)
web版(https://kakuyomu.jp/works/1177354054887543224

魔人と少女が二人暮らしすることになった話

当初予定にはなかったのに、なぜか生えた新刊。多分3日ぐらいで書いた。
元々300字で書いた話から派生。

お兄さんと幼女の組み合わせが好きなので、二人のずれたやりとりがお気に入りです。
『契約を司る魔人』は謙虚というか真面目というか「ささやかなことしかできない」みたいなことを言いますが、彼の物差しはずれてるので、本当は結構いろいろできるはず。
花織はささやかなことをたくさん教わればいいし、たくさんしてもらえればいいと思います。

ゲストとして『時を司る魔人』にも少し出てきてもらいました。
300字SSポスカラリー参加作「時を欺く」「時を手放す」の少し未来の時間軸です。






【参加イベントと頒布数】
※数字の話










2018/1/21 第二回文学フリマ京都 26
2018/5/20 関西コミティア52 3
2018/5/20 第四回 文学フリマ金沢 委託 0
2018/5/20 第二回 静岡文学マルシェ 委託 0
2018/7/16 テキレボ7 35
2018/9/9 第六回文学フリマ大阪 22
2018/10/7 尼崎文学だらけ 8
2018/11/25 第二十七回文フリ東京 14
108


直接参加6、委託参加2、と参加したイベントは少なめでした。
委託は、ろくに宣伝しないのと、前半に頒布0ダブルパンチでめげたので、しばらく見送り。
文フリ東京に日帰りできることが分かったので、遠征も視野に入れつつ来年の予定を組みたいと思います。
月曜日は休めないので、体力との兼ね合いになりますが……


●本ごとの頒布数

鍵が見つかりませんお月様。 13
魔界町住人録 6
嘘つきの再会は夜の檻で 8
50:50 9
魔術師のてのひら 10
夜とかんざし 18
あなたと見上げる星空は 19
かみさまの森 22
或る魔人の話 3


今年作った本を沢山手に取っていただけて嬉しかったです。
去年までの本もじわじわ貰われていく中で、未だ衰えぬ「鍵が見つかりませんお月様。」
やはりミステリを書こう。


新刊はいつもギリギリまで書いていてあまり告知もできないのですが、「かみさまの森」は初動が多くて驚きました。みなさんがどこで見たのか気になる。


「嘘つきの再会は夜の檻で」は自分でいうのもなんだけど、本当におすすめなので、2019年はもっと推して行きたいと思います。


なお、これまで作った本は、すべてBOOTHにて通販受付しております。
イベントではなかなか会うのが難しい方もいると思いますので、ぜひご利用ください。
 BOOTH 眠る樹海堂(https://sleeping-tosaoca.booth.pm/



【2018年よかったこと】
・新刊を4さつ出した。えらい。
・アンソロジーに参加できた。ありがとうございます。
・遠くのイベントまで行けた。がんばった。


【2019年の目標】
・ミステリの本を一冊は出す。
・試し読みを出している長編のうち、どちらかを書き上げる。
 (「探偵とフェアリーテイル」「王座のサクリファイス」)
・もっと本を読む。

以上

2019年も自分なりにゆるくがんばります。
よろしくお願いします。



PR

2019/01/01 02:17 | Comments(0) | 雑記
第7回 Text-Revolutions レポ

 

/16(月・祝)第7回 Text-Revolutionsに参加してきました。

参加者の皆さま、お疲れ様でした。スタッフの皆さま、ありがとうございました。

 

 

テキレボへの参加は今回で4回目(委託1回、直参3回)。

慣れてきた分、油断の心が出てきたようですので、気を引き締める意味でもここで反省会をしときます。

 

お品書きはこんな感じでした。

(新刊の価格とページ数が入ったverはテキレボ2日前に上げた)

 

 

 

(準備)

私ときたらスケジュール管理がなっていなくて

・アンソロもギリギリ(締切まであと10分)

・新刊もギリギリ(割増使った)

・ポスカもギリギリ(入稿不備で間に合ってないので、自家印刷)

前回のレポと比べて、ますます先延ばしくずやろうになっていました。

 

宅配搬入は、本や設営グッズを的確にぶち込んでいたのでよしとします。

ちなみに、過去の自分が作った「テキレボ持ち込みリスト」のおかげです。

見本誌の準備は間に合わなかったので、透明カバーをつけた本だけ送って、シールを当日に貼りました。

POPやら代行の物は、出発日の朝に用意しました。ほんとギリギリだな!!

 

 

(企画)

今回は

・第6回300字SSポストカードラリー

・キャラクターカタログ

・横のつながり

・現代ファンタジーマップ

・花マップ

・日本の架空都市まとめ

に参加させていただきました。

 

既刊でもいろいろな企画に乗っかることができて良かったです。

書き終わっていない新刊で企画に乗っかるのはやめようと思いました。

何が何でも落とせなくなってしまう……あれ? 逆にいいのかな。

 

横のつながりに関しては、最初は全く参加する気がなかったのに、6月頭に急に横長の本を作ることになっていた。自分でもわけがわからない。

                                                                                              

 

(当日)

朝ごはん食べて二度寝したら、普通に集合時刻を過ぎたので、サークル入場時間に行きました。

設営のことは全く考えていなかったので、着いてからなんとかしました。

文庫サイズが合わせて8さつ+無配のA5冊子+ポスカ

なんとか収まってよかったです。机が広いっていいですね。

 

代行受付が目の前だったので、混む前に行けてラッキーでした。

 

 

11時からは、いつも通りのポスカ総なめ行脚からはじめました。

サークル数が増えているから1時間で回れるか不安でしたが、実質40分程度だったのでよし。一通り回ってサークル位置が把握できたのはよかったです。

ポスカラリーのくじも引けました!実は今回初めて!!!

 

そこからは自分のブースで休憩して、気が向いたら買い物に行って、という感じでした。

ちょっと頭痛がしたのでうろうろするのは少なめに。

欲しかった本は思い出した分は手に入れました。次回のテキレボまでに読むのだ。

 

あと、今回はいつもよりお買い物チケットを使われる方が多かった気がします。

あの紙はやばいな……手に入れるたびに使い切るまで本を買ってしまう……

 

コスプレ姿もちらほら見かけて楽しかったです。ポスカラリーのメイドさんとか、代行受付にいた巫女さんとか、通りすがりの貴婦人とか、本部近くの石油王とか、蒼い人とか。

 

(頒布状況)

I-10 眠る樹海堂にお立ち寄りくださった方々、ありがとうございました。

 

既刊がまんべんなく貰われていきました。

複数買いの方もいらして、ありがたやー

新刊の横長本「あなたと見上げる星空は」も結構出ていきました。

 

予想外にも、もうひとつの新刊「かみさまの森」が持ち込み分完売しました。

ぎりっぎりまで書いていた所為で宣伝をしていなかったので、少なめでいいかーと思っていたらまさかの。

みなさんがどこでチェックしたのか知りたい……キャラログ?

 

無料配布冊子は、立ち止まった人や買ってくださった人に渡して40冊ほど。

あまった分は他のイベントでも配ります。

 

 

(おわりに)

翌日がお仕事なので、懇親会だけ参加して、打ち上げには参加せずに帰りました。

行きたかったなぁー

 

次こそは、と思っていたら、あらやだ。

3/21(木・祝)みごとに平日にサンドされてますね。

きっつぅ……行くけど!

 

テキレボ8は、今度こそ余裕のあるスケジュールで挑みます。

「アンソロ?書けてますけど」「新刊?できてますよ」とか言ってみたい。

 

 

(今後のイベント参加など)

次の直接参加は、9/9(日)の文学フリマ大阪です。

テキレボ新刊も持っていきますので、よろしくお願いいたします。

 

その後は、関西コミティア一回休み、あまぶんは迷い中、文フリ東京に初参加予定。

 

 

藍間真珠さま主催の駆け引きアンソロジー「ステルメイト」に参加させていただくことになりました。楽しく書かせていただきました。

8月のコミティアで頒布されるそうなので、是非チェックしてみてください。早く読みたい……

公式サイトはこちら http://indigo.mints.ne.jp/stalemate/

 

 

既刊の通販はBOOTHにて承ります。長くて一週間ぐらいかかります。

発送はあんしんBOOTHパックで。

https://sleeping-tosaoca.booth.pm/

 

 

次の新刊ですが、お財布と相談した結果、次のボーナスまで本が出せなさそうなので、しばらく締切のない国でのんびり過ごします。

無配に載せていた本についても、しばしお待ちを……

 

それではまたの機会に。


2018/07/22 22:21 | Comments(0) | 未選択
2017年まとめ

1年間おつかれさまでした!
あと少しで2017年が終わるギリギリのタイミングですが、創作活動についてのふりかえりをしたいと思います。(多分書き終わる頃には年越してる)

文字数や頒布数などのデータも惜しみなく出していきますよー!

サークル活動2年目ということで、試行錯誤の一年でした。




作った本
・嘘つきの再会は夜の檻で
・50:50 fifty-fifty
・魔術師のてのひら

3種類作りました。がんばったね!自分でほめる! 

「嘘つき~」本文・ちょ古っ都製本工房さん カバー・グラフィックさん
いままで長い話を完結させたことがなかったので、これを書き上げたのは自信になりました。
テキレボアンソロ「嘘」で関連作を出した時点では、ストーリーの流れは定まっていなかったのでハラハラしつつ……。

「50:50」緑陽社さん。余部がおかしいほどもらえると聞いておかしいほどもらえました。
男二人がメインで女の子成分が足りなかったので、来年は陽奈子が主人公の続編を出したいな……言うだけならタダです。

「魔術師のてのひら」ポプルスさん。遊び紙がね、可愛いと思う!(自分で言う)
性癖をガンガン詰め込みました。師弟とか親子とか。
可愛い女の子をぼろぼろに泣かすのが本当に大好きです(ゲス顔)



参加イベント
 01.22(日)  第一回文学フリマ京都
 02.12(日)  第1回静岡文学マルシェ(委託)
 03.19(日)  花鳥風月131(委託)
 04.01(土)  第5回Text-Revolutions
 04.16(日)  第三回文学フリマ金沢(委託)
 05.14(日)  関西コミティア50
 07.09(日)  花鳥風月133(委託)
 08.27(日)  尼崎文学だらけ~夏祭り~
 09.18(月)  第五回文学フリマ大阪
 10.01(日)  関西コミティア51
 10.28(土)  第6回Text-Revolutions
 11.03(金)  zine展 in Beppu4(委託)
 ~11.05(日) 
 12.17(日)  花鳥風月136(委託)

全部で13のイベントに出ました。
関西圏+テキレボは直参で、他は委託という感じです。
来年以降も基本的にはこのスタイルでいこうと思っています。
関西コミティアはちょっと悩みどころ……



執筆状況


 
沢山書きました。
来年はちょっと少なくなると思われますが、毎月の300字はがんばりたいです。
あと、なんとか1冊は本を出したい。


頒布数

・イベント別 2017年参加イベントでの頒布数


・タイトル別 これまでの頒布数


直参だと、文フリやテキレボで沢山貰われていきました。
活動開始から1年たって、ちょっとずつ知ってもらえるようになったのも大きいかもしれません。

宣伝や販促としては、
・試し読みペーパーの配布
・試し読み冊子の配布
・Twitter用の宣伝画像作成
・抜粋集
・お品書き
などを無理のない範囲で。

新刊の初動がゆるやかなので、次に出す本の試し読みペーパーを配るようにしました。
毎回新刊があるわけではないので、何かしら新しく配るものがあればなあと。

宣伝は、Twitter用の宣伝画像を作ったのと、途中から抜粋集も合わせて流すようにしました。
抜粋集メーカー(http://howto.fanweb.jp/etc/scene/

あとは、「嘘つき~」のときに配った試し読み冊子。予想以上に貰われていったので刷り足しました。冒頭3章分で大体の雰囲気がつかめると思うので、この試みは結構良かったのでは……?と自分では思っています。

ちなみに私は、本の注文はいつも50部とか100部にしています。(計算が楽だから)
在庫が山盛りなので、多分10年ぐらい売ってると思います。


BOOTH通販も始めましたが、影が薄いので、合間を縫ってもう少し露出を増やして行きたいです。
眠る樹海堂 BOOTH(https://sleeping-tosaoca.booth.pm/



来年のこと

文フリ京都から始まり、テキレボ7、文フリ大阪は直参したいところ。

当面の目標は、テキレボで個人事業主系青年の新刊を出せるようにがんばりたいです。
うまくまとまるか分かんないけど。

テキレボで配った無料配布冊子に、影も形もない本の試し読みを載せましたが、来年どころか再来年にずれ込む可能性も……? 「王座のサクリファイス」というタイトルと、主人公の名前ぐらいしか決まってない。こっちもがんばる。



以上


書いている間に、もう2018年ですね。
それでは今年もよろしくお願いいたします。












2018/01/01 00:35 | Comments(0) | 未選択
第6回Text-Revolutions レポ

テキレボ6おつかれさまでした!!!
テキレボ本番は一日でも、それまで長い長い戦いをしてきた気がするので、
順を追って書きたいと思います。
長い長いレポートです。



【申し込み・準備】
初めから直接参加って決めていました。
私は前回学んだのだ……!
たとえ前日が仕事でも、絶対現地に行ったほうが楽しい。

そしてここから続く長い戦い。
夏前に、テキレボの新刊上がったという人をTLで見つけて、
「こちとら後一ヶ月もないあまぶんの新刊に必死なんだよ!!!」
と勝手に焦っていました。風物詩だよね。

私ときたら
・アンソロもギリギリ(締切まであと30分)
・新刊もギリギリ(締切まであと10分、直接搬入)
・ポスカもギリギリ(入稿不備で間に合いそうになかったので、当日朝東京カラー印刷さんへ取りに行く)

でも、この反省が次に活かされる確率は低い。


【新刊】
出す気はあったけど、内容がなかなか決まらず。
新刊「魔術師のてのひら」は、はじめweb作品の再録メインで、書き下ろしは数本の予定だったんですよ。蓋を開けたらほぼ書き下ろしになりました。
原稿が、宅配搬入が可能な締切に間に合わなかったので、直接搬入を決意。
初めての印刷所さんなのにとんでもない博打だったな……


【宣伝】
既刊については、Twitterでちょこちょこ情報を流せたと思います。
webカタログも早めに登録できた。

代行直前はあまり宣伝できなかったような気がするけれども、
昨アシ(@sakuhiash)アカウントさんに大幅に助けていただいた感じです。

お品書きはもう少し早めに出せば良かったかなあ、というのが反省。
未確定の情報が多すぎるのが後手後手になる原因なので、すべては計画性の一言に尽きる。




【参加作品】
・テキレボ公式アンソロ「祭」
前回のアンソロで、「新刊の関連作にしたら興味を持ってもらえるんだな」
と味を占めた土佐岡は、新刊と並行して話をいろいろ考えつつ、結局締切ギリギリになるという。やっぱり早さは大事よ。
中身はいつもの共犯者系男女、ファンタジー風味でした。
読了&感想ありがとうございました!

・空想工房さんの「カケラvol.2」
今回、阿波さんにお誘いいただき、ゲスト参加させていただきました。ジャンル:ミステリーということでお呼ばれしたわけですが、何とか……何とかミステリっぽくなってるかな……?
誌面で浮かないことを祈っていたんですが、参加者の皆さんがそれぞれ自分のカラーを出していて、読んで楽しいアンソロでした。
諸々の手際が悪くて申し訳ない限りでしたが、参加させていただきありがとうございました!



【企画参加】
慣れてきたことだし、今回はいろいろ企画に参加するぞ!と決めていました。
いつもは参加資格と照らし合わせて、よく分からなかったり物怖じしたりでパスしていたんですが、勇気をだして。

・300字SSポストカードラリーさん
 今回で3度目の参加になります。
 
 「お菓子」というお題で、可愛い話にしたいという謎のこだわりを発揮し、毒を盛る案を棄却。ついでに一瞬頭をよぎった黄金の菓子(賄賂)案も棄却。
 前回同様、別視点・対になるデザインで二枚作りました。
 (後日ナギノさんにほうれんそう!と叫ばれていたやつです。概ねそんな話です。)

 印刷物はあとで失敗に気づくと結構落ち込むので、死ぬほどレギュレーションを読み返して挑むんですが、今回は大丈夫だったかな……(不安)

 参加者さんが多く盛況ゆえ、現地でポスカを集めるのに一時間かかりました。
 ファイル2冊分の幸せ! どれもお腹がすくデザインで……うへへへ

 私は現地で50~60枚ずつぐらい配れました(代行含む)。
 継続頒布分で企画主催さんのほうに100枚ずつ預けて……
 それなのに、どうしてまだ手元に50枚あるんだろう。
 発注は各100枚だったはずなのに、余部とは……?


・堂々巡りスタンプラリーさん
 眠る樹海「堂」だからね!と参加条件に自信を持って参加。
 巡られ堂として、試練を考えるのとか、印を用意するのとか、準備からわくわく。
 あとね、ずっとずっと思っていたんだけど、企画アイコンがすっごく可愛かった!ドードー!

 当日は巡り帳片手にたくさん人が来ました!! シールを貼るのが楽しかったです。
 ふくろうのシールを用意していたのですが、参加者のお姉さんの中に、ふくろうマイスターがいらっしゃって、全ふくろうの名前を華麗にレクチャーして行かれました。素敵じゃあ……

 試練には既刊「50:50 fifty-fifty」から問題を出してみたのですが、この企画をきっかけに買ってくださった方もいて、嬉しかったです。


・幼馴染片思いMAP
 今までなかなかMAP系企画に参加できなかったので、幼馴染と聞いて飛びつきました。
 三谷さん!ありがとうございます!!
 新刊の中にお話を生やして参加。あの時点では片思いだと言いはる。

 Webで事前に参加作品をチェックしていき、当日は数点の本を購入しました。
 いい幼馴染だった……幸せ……


【当日】
早朝のポスカ回収(前述)をこなし、朝の設営になんとか間に合いました。

会場が形になったところで、自ブースの設営。
両隣は、前回もお隣だった乃木口さんと、なにげに初お隣の堺屋さんでした。
知ってる人で安心した~!

荷物を宅配搬入したのはいいとして、敷布は手持ちのほうが良かったね。
今回からお品書きの掲示にPOSUTAminiを導入! 使い勝手よいです!
直接搬入をお願いしていた新刊もきちんと届きました!よかった!
でも、当日ブースで帯を巻いてしおり挟んで袋詰めとかいう無茶はもうやめよう。


代行に関する作業は、事前準備をしておいて良かったです。
代行しおりの貼り付けを当日にしていたら、時間が足らなかったと思う。
受付が、並んだりすることなくスムーズでした。


開場後、挨拶がてらポスカ狩りに出向き、会場のポスカを総なめしました。
ぼっち参加はこうでもしないとコンプリートできないのだ……一時間かかりました。

その後も、お目当ての本を買いにちょくちょくうろうろしていました。
買い忘れはありますが、どこかでまた会おう。会えるよね?

眠る樹海堂ブースに来てくださったみなさんありがとうございました。
新刊もそうですが、既刊もまんべんなく出ていきました。
「魔界町」は搬入数が少なかったので、実は完売でした。ありがたや。
「50:50」が多めに出たのは、もしかすると堂々巡り効果かも……?
合計頒布数があの、見たことがない感じになったので、テキれぼんドリーム大感謝です。

今回は、販促用に試し読み冊子を作って行きましたが、
50部持って行って、打ち上げ込みで捌けたので、妥当な数だったかな。


余談ですが、青銭兵六氏の激辛おかきテロに涙ぐんだ人ー? はーい


【打ち上げ】
楽しかった!
お話の作り方とか、普段はこんなもの書いてるとか、そういう話が直接できる場はすごく貴重で、充実した時間でした。
自分が知らなかった会場の様子も知れたりして……

卓をかえてのミステリトークも楽しかったです。
好きな割には、有名な作品をあまり読んでいないのですが、気になるタイトルが沢山俎上に上がっていたのでこれからチェックしていく所存です。

二次会のカラオケは、ホテルのチェックインもあって、慌ただしく抜けてしまったのですが、混ぜていただきありがとうございました!


【次回】
仕事でよろよろ確定の日程ですが、テキレボ直参します。
それを楽しみに私は生きていくよ……
青色申告MAPと鳥散歩にW参加できそうな新刊を生やします。


以上、長々とお付き合いいただきありがとうございました。














2017/11/04 20:02 | Comments(0) | イベントレポート
関西コミティア51 レポ

関西コミティア51おつかれさまでした。

実を言うと前日まで出られるかどうか微妙なところで、
宣伝も準備も何も出来ておりませんでした……汗

お品書きとペーパーを当日朝に突貫で作り、
そこから荷造りをして……うん、ギリギリ

ちなみに今回敷布を忘れたので、セブンイレブンでハンカチを現地調達しました(笑)
でも、なんか気に入ってしまったので、これからたびたび使っていこうかと。

文芸系のイベントに連続参加後の関西コミティアでしたが、
うん……両隣に人が沢山来ている中、空気のように目も合わないこの感じな!
頒布数はいつもの関西コミティアという感じだったので、懐かしさを噛み締めつつ。

「来年仕事が忙しくなったら、体力的にも時間的にも文芸特化のイベントに絞ったほうがいいかなあ……」なんて思うリアリスト土佐岡と、
「関西コミティアは初イベント参加の思い出の地なの!」というロマンチスト土佐岡がせめぎ合っている今日この頃。

2017/10/04 19:45 | Comments(0) | イベントレポート

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]